BookWebPro メインメニュー 和書の検索
和書籍データベース検索結果  ※検索結果は、紀伊國屋書店の店頭及び出版社に在庫がないものも含まれております。

[BOOK著者紹介情報]
ウォルシュ,バレント・W.[ウォルシュ,バレントW.][Walsh,Barent W.]
1970年代後半から自傷をくりかえす者の問題にとりくんできた。現在、マサチューセッツ州ウースターにある、ブリッジ・オブ・セントラル・マサチューセッツの実務最高責任者である。これまで自傷に関する数々の研究を行い、その成果を刊行論文として、あるいは国際的なワークショップにおいて発表してきた。また数多くの学校、クリニック、グループホーム、特殊教育プログラム、精神科病院、矯正施設で、自傷の問題に関して助言するという活動も行ってきた

松本俊彦[マツモトトシヒコ]
国立精神・神経センター精神保健研究所司法精神医学研究部専門医療・社会復帰研究室長、横浜市立大学医学部非常勤講師、東洋英和女学院大学大学院非常勤講師。精神保健指定医、精神保健判定医、医学博士。平成5年佐賀医科大学医学部卒業。同年横浜市立大学医学部附属病院臨床研修医。平成7年国立横浜病院精神科シニアレジデント。平成8年神奈川県立精神医療センター医師。平成12年横浜市立大学医学部付属病院神経科助手。平成16年より現職

山口亜希子[ヤマグチアキコ]
関東学院大学カウンセリング・センターカウンセラー。臨床心理士。平成9年慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業。平成11年慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。同年横浜市立大学学生相談室カウンセラー。平成15年より現職

小林桜児[コバヤシオウジ]
神奈川県立精神医療センター医師。平成12年信州大学医学部卒。同年横浜市立大学医学部附属病院臨床研修医。平成14年NTT東日本伊豆病院精神科医師。平成16年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


E-mail:ibd@kinokuniya.co.jp
Copyright © 2019 Kinokuniya Company, LTD. All Rights Reserved.